【セックスの48手】乱れ牡丹(みだれぼたん)のやり方と注意点

こんにちは!yuri(@HnatubuyakiYuri)です。

視覚的にエロい体位って興奮しますよね♡女性の羞恥心を煽りながら、視覚的なエロさを感じられる48手の体位と言えば「乱れ牡丹(みだれぼたん)」です。

乱れ牡丹とは、どんな体位なのか?乱れ牡丹ではどんな気持ち良さを感じられるのか?yuriが教える48手シリーズ第五弾は「乱れ牡丹」について詳しく教えます♡

乱れ牡丹(みだれぼたん)のやり方

乱れ牡丹は座位の一つ。背面座位とも呼ばれます。

乱れ牡丹のやり方は、まず座った状態の男性の上に女性が背中を向けて座ります。女性が男性の上に座る際に、大きく足を開かせて挿入します。女性が上に乗る形になるので、挿入後は上下左右に動いてもらいましょう。男性側の動かし方としては下から突き上げるような形で動きます。

視覚的に楽しみたいなら、鏡の前で乱れ牡丹の体位をしてみましょう。鏡の前で乱れ牡丹の体位をすれば、結合部が丸見えの状態でセックスしている状況が見られます。

AVでも乱れ牡丹の体位はよく見かけますよね。視覚的にもエロさ満点の、絶景が見られる体位なのです。セックスしている様子をじっくり見たい時、女性の羞恥心を煽りたい時、お互いに興奮しながらセックスできること間違えないです。

乱れ牡丹のメリット

乱れ牡丹のメリットについて教えます!

女性器を観察できる

乱れ牡丹の体位では、女性は大きく足を開く形になるのでハッキリ女性器を観察出来ます。じっくり女性器を観察しながらエッチしてみたい男性にとっておすすめの体位です。

鏡の前で乱れ牡丹の体位をすれば、セックス中のエロい女性の姿を観察することが出来ます。感じている表情やおっぱい、身体のラインからまんこやクリトリスまで、全身を眺めながら楽しめますよ。

結合部が見られるので、見た目がエロい!

足を大きく開くので、女性器にペニスが挿入されている様子をハッキリ見ることが出来ます。まんことの結合部が見られるので視覚的に興奮できるのが乱れ牡丹の魅力です。

後ろから統合部を見ながら女性の耳元で言葉攻めをすれば、女性の羞恥心を煽ることも出来ます。

男性の手が空くので同時攻めしやすい

乱れ牡丹は座位なので、両手が空くために同時攻めがしやすいメリットがあります。挿入中におっぱいを触ったり、クリトリスを愛撫したりと色々な刺激を与えられる体位でもあるのです。

狭い場所でも出来る

座ったまま挿入できる体位なので、車内などの狭い場所でセックスしたい時にも乱れ牡丹は適しています。カーセックスで色んな体位を試してみたい時にもおすすめです。

乱れ牡丹をする時の注意点

乱れ牡丹をする時にはいくつか注意点があります。

挿入が浅くなるため、短小ペニスには不向き

乱れ牡丹は女性は後ろ向きに座った状態で挿入します。そのためお尻のお肉がある分女性器まで距離ができます。お尻が大きい女性ほど、挿入は浅くなります。ペニスの長さによっては挿入が浅くなってしまうのです。ペニスの長さが足りていないと、快感を感じられません。

乱れ牡丹を試してみたいけど、自分のペニスの長さが足りるかどうか迷う男性は、日本人のペニスの平均サイズを参考にしてくださいね。

ペニスが抜けやすい

乱れ牡丹では挿入が浅くなるので、ペニスが抜けやすくなる体位でもあります。抜けてしまうことが続くと、気持ち良さも半減していってしまいます。

お互いに快感が感じられずにムードも悪くなりかねないので、乱れ牡丹の体位が合わないと感じたら違う体位に変えましょう。

大柄な女性だと負担がかかる

相手の女性が大柄だと、挿入する際に重力がかかるので男性にとって身体の負担が大きいです。座った状態で下から突き上げなくてはならないので、動けない場合もあります。乱れ牡丹は小柄な女性とするほうが無難です。

中出しには不向き

乱れ牡丹の体位で中出しをすると、射精後にすぐに出てきてしまいます。汚したくない場所でのセックスする場合には、乱れ牡丹の体位では中に出さないようにしましょう。

まとめ

視覚的な興奮度MAXの48手の体位「乱れ牡丹」をご紹介しました。いつもと違った刺激を彼女に与えてみたい、感じてる姿を眺めながらエッチしたいと思ったら、ぜひ試してみてくださいね♡

Yuri

乱れ牡丹はスクワットをするような姿勢になるので、女性はダイエットにも効果的なんですよー♡
気持ち良くなれてダイエットも出来て、女性にとっては一石二鳥ですね!

オジサマ

Yuri

最近太ってきた女友達が彼氏とセックス中に「乱れ牡丹で動いてダイエットして」って言われて一瞬で気持ちが冷めたそうなので、男性からは言わないほうが無難かも…
気をつけます…

オジサマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です