セックス中に演技する女性心理を暴露します!

こんにちは!yuri(@HnatubuyakiYuri)です。

「あれ、本当に感じてるの?」「なんか演技っぽい…」ってSEXの最中に思ったこと、ありませんか?

「もしかして演技してる?」とか「今のイったふりじゃない?」と思うと、なんで?って思いますよね。女性はなぜSEX中に演技をするのでしょうか?それには理由があります。SEX中に演技をする理由や女性の心理を知ることは、よりSEXを楽しめることにも繋がりますよ。

今回は、女性がセックス中にする演技と演技する理由・女性心理を教えます♡

なんでSEX中に演技するの?女性が演技をする理由

yuriはプライベートのSEXでは演技はしません。yuriにとってパートナーとのSEXの気持ち良さはとても重要なことなので、演技しなければいけない相手だと長く関係は続きません。気持ち良くないのに無理に演技をして、気持ち良くない場所を性感帯だと勘違いされると後々困ることになります。しかし「やめて」とか「気持ち良くない」とハッキリ言ってしまうのは場がしらけることにもなりかねません。やんわりと「こうされるほうが好き♡」と自分の気持ちを伝えた時に、素直に受け入れてくれる器の広い男性がyuriの理想です。

しかしyuriは初めからうまく自分の気持ちを伝えられたわけではありません。SEXに慣れていなかった頃は、演技をしていたことがあります。yuriの初エッチは高校生の時でした。初めて付き合った彼氏は、大学生で童貞。お互いにSEXのやり方を知らなかったので、全然濡れないし挿れられないしでどうしたらいいのか全くわかりませんでした。前戯というもの自体がなかったので、濡れなくて挿入出来ないのです。無理矢理挿入しても、動かすと強烈な痛みが走ります。でも痛がると「yuriのまんこが悪いんだ!」とか「なんで入んないんだよ」と言われて雰囲気が悪くなるし、抜いたらまた挿入するのが大変だし。無知すぎた高校生の頃のyuriは彼の言葉を真に受けて「私が悪いのか…」と申し訳ない気持ちになってしまい、もうとにかく早くイってほしくて彼をイカせるために我慢して気持ち良いふり・演技をしていました。

初めての彼とのエッチは毎回そんな感じだったので、「濡れるから、挿入できる」ということ自体がわからず「自分は挿入しにくい体質なんだ…」「だからSEXで演技をするのは普通のこと」だと真剣に思っていたのです。

しかし次に付き合った男性は、初めての彼氏とは真逆なタイプの女性経験が豊富な人でした。yuriがまだ経験人数が少ないことを伝えると、キスや愛撫など前戯に凄く時間をかけてくれました。そこで初めて安心してSEXが出来るようになったのです。ちゃんと濡れてから挿入してくれるので、全然苦労も我慢もせずに挿入できた瞬間は衝撃的でした。今まで挿入に一時間とか二時間、普通にかかっていた大きな悩みが解消されたのです。

彼とは安心してSEXをすることが出来たので、SEXをすればするほど気持ち良くイケるようになっていきました。彼とのSEXで演技をしたことは一度もありませんでした。

Yuri

初めての彼氏には「お前のまんこの位置が悪いから入らないんだ!」とか言われて本気でそうなんだと思いこんでいたので、次にできた彼とのSEXはもう全てが感動でした…

私が悪いんじゃなかったんだ!もうこれからはあの挿入時の苦しみを味わわなくてすむんだー!!みたいな(笑)

最初が悪かったから、余計に感動したんでしょうね!

オジサマ

Yuri

新しい彼とのエッチでSEXの快感を知ってからは、演技はしなくなりました♡

女性はどんな時に演技するの?SEX中に演技する理由

yuri自身の経験を踏まえた上で、女性がSEX中に演技をする理由をご紹介します。

早くイって欲しい時

遅漏の男性とSEXしていると、だんだん膣がひりひりしてきて痛んでくるのは女性の悩みの一つ。そんな時には「気持ち良いふり」「感じているふり」をしてでも、早くイカせたい!と思う女性は多いです。この場合の演技は男性のプライドを傷つけないためにしている場合がほとんどです。

雰囲気を盛り上げたい時

相手の気持ちを盛り上げようと、わざと声を出すなど感じている演技をする場合もあります。

ただyuriは以前に本当に気持ち良くて声が出てしまったことがあるのですが、「…演技してる?」と言われて強烈に萎えたトラウマがあります…。「演技してないよ!」と言っても「本当に?」と信じてもらえません。声がうるさいなら謝ります。「演技してる?」と聞くのはやめてほしい…。演技してない場合傷つきます。仮に演技していたとしても「うん」なんて言わないですよ。その後私、しばらくSEXするのが怖くなりました。

エッチを終わらせたい時

乳首の愛撫や手マンなどで気持ち良くないポイントをずっと攻められて辛い時、身を守るために反射的に「イクふり」をしてしまう女性は多いです。攻められていてイかないと終わりにならない雰囲気の時になると、痛くなってきても言えないし、でももうこれ以上攻められたくないから、イった演技をして乗り切ろうとしてしまうのです。これは自己防衛の演技です。

「もうやめて!」「終わりにしたい」と思われるような痛いSEXをしてしまわないために、女性の気持ち良くなれるポイントを知っておくことはとても重要です。女性が気持ち良くなれる手マンのやり方は、女の子が本当に気持ち良くなれる手マンのやり方を徹底解説の記事を参考にしてくださいね。

気分を盛り上げたい時

気持ち良くなりたくて、気分を盛り上げたくて「感じているふり」をする場合もあります。エッチにあまり気持ちが乗らない時でも、感じているふりをしているうちに少しずつエッチに集中できることがあるのです。

特に撮影の時には、ドSな設定の時があります。yuriはSではないので、攻めるのはあまり得意なほうではありません。でも自分のエロスイッチを入れるために、攻めて楽しんでいる自分をイメージしているうちに「ほらもっとちゃんと足開けよ!」とか「アナルに指入れられて感じるの?変態!」とかプライベートでは絶対言うことのない台詞がなぜかどんどん出てきます。yuriは入り込んでしまうタイプなので、一度Sのスイッチが入ると2、3日ほどそのキャラが抜けなくなるので大変でした…。

気分を盛り上げるための「演技」ではありますが、エッチな雰囲気を作るための「演出」でもあります。ちょっといつもと違ったセックスを楽しみたいときなど、ムードを作り出すのには役立つかもしれません。

まとめ

雰囲気を盛り上げるためだったり、自己防衛のためだったり、演技にも色んな理由があります。なんで演技するのかな?と思った時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Yuri

演技しなくてもお互いに自然に気持ち良くなれるSEXが理想ですが、演技でも盛り上がるのであればそれはそれでいいですよね♡
演技するのにも色んな理由があるんですね

オジサマ

Yuri

女性側も男性の仕草や言動に「なんか演技っぽいな…」と感じることはありますよ。

でも逆に演技する余裕なんかなくなるくらい気持ち良くさせてやる!とやる気になってしまいます

意外とバレてるんですね(笑)

オジサマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です